東京での永代供養墓について

subpage01

少子高齢化が現実としてある現代に最適なお墓として永代供養墓が注目されています。
永代供養墓とは、永代にわたり寺院や霊園がお墓の管理維持をしていくもので、継承が難しくなっている現代のお墓問題の解決法として多くの人が希望しています。

新宿の永代供養墓を利用するなら此方のサイトです。

このメリットは、お墓の維持管理の負担を子や孫にかけないで済むこと、宗教宗派問わずに埋葬してもらえること、継承問題や親族間のお墓のトラブルなどが避けられること、お墓にかかる費用が安く済むこと、好きな場所のお墓を選べることなどがあります。
永代供養墓は合同墓になっていることが多く、友人やペットなどと一緒に入ることができることも現代の風潮に合っていると言えます。
また、身寄りのない親族の遺骨を納めたいと希望する方もいます。
寺院や霊園によって、年に一回や毎月合同供養を行っていたり、春彼岸やお盆、秋彼岸の合同供養などそれぞれの場所によって供養の仕方があります。


多くの地域でこの方法のお墓が作られていますが、特に東京などの大都市では、自分が働いていた場所、住んでいた場所ということで永遠の眠りを東京で選びたいと願う方が多く、そのニーズに合わせて都内の多くの霊園や寺院では永代供養墓を作っています。

YOMIURI ONLINEの情報を幅広く扱っているサイトです。

また、子や孫たちがお墓参りに訪れるにも交通の便の良さも東京を希望する方が多い理由の一つです。



このような永代供養墓は、今後益々の人気が予想され、多くの人が選択するお墓の在り方になっていくことが予想されます。